NaU Tech セッション

協調型ルールエンジン『NaU DSP』解説

受講料:無料

DXのキーコンポーネントとしてルールエンジンにも注目が集まっています。

一般的にルールエンジンと言えば、IF-THEN-ACTIONのシンプルな論理でルールを記載するプロダクションシステムのことを指します。学術的にも長い歴史があり、そのメリット・デメリットも明確になっています。
一方で数は少ないですが、プロダクションシステムでないルールエンジンも存在します。弊社ルールエンジン「NaU DSP」もその一つです。元々は機械や建築の設計者がもつ複雑で大規模な設計知識を扱うために生まれた独自のルールエンジンです。

本ウェビナーでは、「NaU DSP」とはどんなルールエンジンなのか、DXにおけるルールエンジン選定のポイントはなにか、を解説します。

<配信日>

2021年3月26日(金)12:30~12:45

配信終了しました。

講師紹介

エバンジェリスト大野国弘

株式会社なうデータ研究所
上席エバンジェリスト
大野国弘

経歴

2000年なうデータ研究所に研究員として入社。

以降、多岐のルールエンジン導入プロジェクトに参画。

業務知識のデジタル化による業務プロセス改革が専門分野。

pagetop